ドラッグストアの夏バテ対策に関する情報サイト

冷房使用時の注意

夏の暑い日はついつい冷房を強くかけてしまいがちです。特にオフィスなどでは男性社員との体感温度に悩まされるほどの強い冷房をかけていたり、冷房の風が直接体に当たって手がかじかむほど寒い思いをしている人も中にはいるようです。そんな環境では体に良くありませんし、仕事にも集中できません。外気と室内の温度差が5度以内という環境が体にも負担がなく一番よい温度です。冷房を使用するうえで注意しておきたいことは何があるでしょうか。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

簡単に言えば、部屋が暑くならなければ、強い冷房をかける必要はないのです。夏の西日はとても強く、室内の温度が一気に上がります。そうした窓にはカーテンやブラインド、すだれなどを活用しましょう。暑いからと言ってすぐに冷房をつけるのではなく、まずは換気をして空気の入れ替えをしてみるのもおすすめです。日本の夏はジメジメして湿気を伴う場所が多いですから、冷房を除湿機能にして運転するとカラッとした空気になって快適に感じますし、設定温度を下げなくても十分に涼しく感じることができます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

他には、冷房と一緒に扇風機も併用して使うと、空気が循環して効率よく部屋全体を冷やすことができます。「光熱費が気になる」という人もいますが、設定温度が高いままでも十分に涼しくなるため、設定温度を低くしている状態養鯉もかえって節電できることが多いようです。

 

ドラッグストア