ドラッグストアの夏バテ対策に関する情報サイト

夏バテ対策B入浴

夏バテ対策として最近言われ始めているのが入浴です。冬の寒い日にお風呂に入ってよく温まった後だと、ぐっすりと眠ることができます。もし眠れなくても、お風呂で体を温めて体温を1度上げれば安眠できるという話もあります。しかし、夏の暑い日にどうして体を温める必要があるのでしょうか。それは、自律神経と深い関わりがあります。現代は冷房の効いていない屋内は滅多にありません。しかも寒さを感じるほどの強い冷房をかけている場所が増え、外との温度差が非常に高くなっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

そのため、屋外と屋内を出たり入ったりしていると体温調整をしている自律神経に異常が出て夏バテの症状を引き起こします。夏バテ防止に効果的な入浴方法は、38度から40度ほどのぬるま湯に20分から30分つかること。ゆっくりと体を温めることでリラックス効果があり、血管が広がって血液循環が良くなります。次第に汗をかくので老廃物をからだの外へ出すことができます。長時間お湯につかるので、頭に冷たいタオルをおいたり、換気をしながら入浴するようにしましょう。自律神経は交感神経と副交感神経を合わせて成り立っています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ぬるま湯につかることで副交感神経に働きかけ、動きが活発になります。その効果としてリラックスでき、良質な睡眠をとれるようになるのです。夏バテ対策には睡眠も欠かせません。夏バテ予防に必要なのは、自律神経のバランスを整えることにあると言えるでしょう。

 

薬剤師 求人