ドラッグストアの夏バテ対策に関する情報サイト

夏バテ対策@食事

夏の暑さで食欲不振になる人は多いのではないでしょうか。この原因は胃の消化機能が暑さのために落ちてしまったために起こります。消火機能が低下してしまうと食べ物の栄養をうまく吸収できず、食欲不振につながるのだそうです。ここで言う栄養とは、ミネラルやビタミン、たんぱく質のこと。どれも体に必要な栄養素なのですが、それらが不足することで夏バテになってしまうのです。それに加えて夏はどうしても冷たい飲み物をたくさん飲む機会が増えるため、胃腸も冷えてしまってさらに胃の働きが悪くなり、食欲不振に拍車がかかるという悪循環になってしまいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

薬剤師国家試験