夏バテ対策に関する情報サイト

夏バテとは

夏の暑い季節、つい口癖のように「夏バテをした」なんて言っていませんか?では、具体的に夏バテとは何でしょうか?夏バテについてお話していきましょう。夏バテとは主に食欲がなくなったり体がだるく感じる、無気力になるといった症状を指すようです。何か痛みを伴うような症状があるわけでもないので、なんとなくそのまま暑さに身を任せることが多いと思います。

夏バテに定義はないため、夏の暑さにまいった感じを夏バテと呼ぶことが多いようです。夏バテの原因と言われている要素が3つあり、まず体内のミネラルと水分の不足があげられます。


夏の暑さで体温も上昇するため、体は大量の汗を流すことで体温調節をします。汗の中にはミネラルも含まれているため、水分とミネラルを当時に排出してしまうこととなり脱水症状を起こしてしまいます。しかし、熱いからと言って冷房の効いた部屋に出たり入ったりを繰り返すと今度は自律神経に異常をきたします。

自律神経は体温を調節する役割があり、気温の変化が著しいとその温度差に対応しきれずに自律神経失調症を引き起こす可能性があるのです。冷房をつける場合には外の温度との差が5度以内になるように設定すると良いでしょう。夏バテのもう一つの原因は、消火機能の低下と栄養不足です。冷えた食事を続けると胃腸も冷えてしまい胃の動きが鈍くなります。胃の消化機能が落ちると 栄養を吸収しきれずに食欲不振を招きます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

夏バテの主な症状

夏バテという言葉はありますが、実はこれといった定義はありません。ほとんどの場合が夏の暑さの影響で感じる体の不調になります。そんな夏バテの症状としては、全身の疲労感やだるさ、食欲不振、無気力、イライラ感などがあります。意外に思われるかもしれませんが、実はむくみも夏バテ症状の場合があります。便秘や下痢なども夏バテ症状の一つです。こうした症状が出る背景には自律神経が関係しています。エアコンの効いた部屋と外の暑さの温度差に体がついていけずに自律神経の機能に異常が現れるのです。先に挙げた夏バテ症状は自律神経の影響からくるものがほとんどです。自律神経は体温の調整を行うものなので、どうしても暑さの影響を受けやすいと言えるでしょう。夏の冷房と上手に付き合うことが夏バテ防止につながります。冷房の設定温度を低すぎない温度に設定し、部屋と外気の温度差が5度以内であることが望ましいです。外出先で冷房が強くかかっていると体を冷やしてしまいますので、カーディガンなどの軽くはおれるものを持っていくと良いでしょう。また、寝るときにも冷房をつけっぱなしにせずにタイマーをかけて一晩中冷房の風邪を浴びるようなことがないようにしましょう。ちょっとした心掛けで夏バテ対策は行えます。体調不良になる前に自分の体のことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

夏バテは夏にしか発生しないのか?

夏バテの症状にはいろいろあり、食欲不振や体のだるさ、無気力感やイライラなどが挙げられます。こうした症状は夏だけでなく、どの季節でも感じることがあります。夏バテは夏限定のものなのでしょうか。これが夏バテです!と言えるような定義はないため、実は夏バテという病気はあやふやなもの。ただ一つ言えるのは、夏の季節に感じる体の不調を夏バテと呼んでいるので、それ自体は夏にしか発生しない、と言うしかありません。昔は夏バテと言えば暑さからくる食欲不振ぐらいだったのですが、今はどちらかと言えば冷房の影響が大きいと言えるでしょう。食欲不振であったとしても、体のだるさからそうした気分になれないという人が増えているのかもしれません。そうした観点からしても、冷房を使う夏だからこそ夏バテが発生しやすいと言えるのではないでしょうか。夏の暑さを避けることのできる快適な世の中になったはずが、また新しい弊害が出るのですからうまくいかないものです。しかもその弊害は昔のような「食欲不振」だけの夏バテとは違い、体にいろいろな悪影響をもたらします。自律神経の動きを整える方法としては、入浴でゆっくり体をあたためることが一番だと言われています。夏のだるさを感じた時は、暑さよりも逆に体が冷えている危険信号かも知れません。冷房のかけすぎには注意が必要です。